fc2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


クリスマ、紅白歌合戦と月日はたっていきますが、2022年もあとわずかです。さてここで
2023年の干支「癸卯(みずのと・う)」はどんな年かを詳しく解説!

06-300x225.jpg

年賀状には干支をモチーフにしたイラストや文字があると、年の初めに明るい未来や動物のもつ縁起のよさを感じられます。2023年は、卯年です。 この記事では、年賀状を作る前に知っておきたい、2023年の干支と十二支の意味について解説します。

あまり知られていない干支と十二支の違い
「干支」と「十二支」が、同じ意味だと思っている方は多いようです。2023年は卯年ですが、本来の干支でいうと癸卯(みずのと・う)。卯年であること以外にも込められた意味があります。

ここでは干支と十二支の違いと意味、癸卯が何を意味するのかを解説します。年賀状に取り掛かる前知識として、しっかり覚えておきましょう。

干支は「十干」と「十二支」の組み合わせ
「十二支」はご存知の通り、子(ね:ねずみ)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う:うさぎ)、辰(たつ)、巳(み:へび)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い:いのしし)と、その年を12種類の動物になぞらえたもので、年の他にも時刻や方角を表すことがあります。

この十二支が「干支」の意味で用いられることがありますが、干支とは本来「十干十二支(じっかんじゅうにし)」を略した呼び名で、「十干(じっかん)」と十二支を組み合わせたものです。

「十干」とは、甲(こう:きのえ)、乙(おつ:きのと)、丙(へい:ひのえ)、丁(てい:ひのと)、戊(ぼ:つちのえ)、己(き:つちのと)、庚(こう:かのえ)、辛(しん:かのと)、壬(じん:みずのえ)、癸(き:みずのと)の総称で、もとは1から10までものを数えるための言葉です。

2022年は十二支でいうと「寅年」ですが、十干でいうと第9位を表す「壬」の年。干支はこれらを組み合わせた「壬寅(みずのえとら)」でした。つまり、2023年は十二支でいうと「卯年」、十干では「癸」となり干支は「癸卯(みずのとう)となるのです。

2023年の「癸卯」の干支でいう意味
十二支や十干は数や方角だけでなく、それぞれ独自の意味を持っています。例えば「癸」が持つのは第10位であり、物事の終わりと始まりを意味する他、「揆(はかる)」という文字の一部であることから「種子が計ることができるほどの大きさになり、春の間近でつぼみが花開く直前である」という意味だと言われています。「卯」はもともと「茂」という字が由来といわれ「春の訪れを感じる」という意味、また、「卯」という字の形が「門が開いている様子」を連想させることから「冬の門が開き、飛び出る」という意味があると言われています。

この2つの組み合わせである癸卯には、「これまでの努力が花開き、実り始めること」といった縁起のよさを表しているといえそうです。



web拍手 by FC2

【purotokoさんへ!!】
メリークリスマス!
来年こそ。佳い年でありたいですね^^。
【こんにちは】
来年は良い年になると良いなと思っています。
【】
来年は張り切らないと。
【】
テンプレート変わったね。もうお正月気分。
【】
縁起のいい年になりそうですか?
【】
来年は縁起のいい年なんだ。
この記事へコメントする














訪問者リストに載っていた人は
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム-
          痛いニュース(ノ∀`)
 

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

QR