fc2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

オミクロン株対応ワクチン 厚労相“職域接種実施など協力を”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221104/K10013880581_2211041127_1104121023_01_02.jpg

新型コロナのオミクロン株に対応したワクチン接種をめぐり、加藤厚生労働大臣は、インフルエンザの同時流行の懸念が専門家から指摘されていることを踏まえ、経済団体に対し、職域接種の実施などに協力を呼びかける考えを示しました。

政府がことし9月から始めたオミクロン株に対応したワクチンの接種は、2日時点で、接種を受けた人の数が680万人余りとなっています。

加藤厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に対し「現時点で、平日では一日20万回程度、土曜日では一日50万回程度となっていて、40代、50代の方の接種が中心となっている」と述べました。

そのうえで「新型コロナの感染者数が増加に転じていることや、今後、季節性インフルエンザの流行が同時に発生する可能性が極めて高いと専門家から指摘されている。重症化リスクの高い高齢者だけでなく、若い方にも年内の接種を検討いただきたい」と述べ、経済団体に対し、職域接種の実施などに協力を呼びかける考えを示しました。
しばらくは記事の更新はありません。あしからず


web拍手 by FC2

死者151人に 事故現場に韓国の尹錫悦大統領も ソウル繁華街転倒事故【現場中継】|TBS NEWS DIG

ハロウィーンを前に大勢の人で賑わう韓国ソウルの繁華街、梨泰院できのう夜、人が折り重なるように倒れる事故が起きこれまでに151人が死亡、82人がけがをしました。現場から中継です。

私の後ろにある坂の上に事故現場がありますが、警察が周りを封鎖し大きな通りも今は通行止めになっています。そして、たった今、尹錫悦大統領が現地を視察に訪れています。

地元消防によりますと、きのう午後10時15分、ソウルの繁華街、梨泰院の路地で大勢の人が折り重なるように倒れる事故が起きました。映像では消防隊員らが心臓マッサージを行う様子が確認できます。

これまでに151人の死亡が確認されたほか、82人がけがをし、現在治療を受けているということです。亡くなった人のうち2人が外国人でしたが、ソウルにある日本大使館によりますと、これまでに日本人が巻き込まれたという情報はないということです。

そしてこちらはJNNが入手した事故が起きる5分ほど前の映像です。通りは人で埋め尽くされ身動きがほとんどとれないような状態だったことがうかがえます。

現場にいた人
「急に悲鳴が聞こえてきて、すぐ現場に行きました。でも人が次々と倒れ始めて、警察と救急隊員が入ろうとしたんですが、大勢の人をコントロールできず困難だったようです」

地元自治体によりますと、31日にハロウィーンをひかえ、梨泰院の周辺には当時およそ10万人が集まっていました。

韓国メディアは、居酒屋を有名人が訪問した後に人が殺到したとの目撃情報を伝えています。人気ドラマの舞台となり、日本人観光客にも人気のエリアで起きた今回の事故。梨泰院は路地に入ると狭い道が多く、今回の事故の要因になった可能性があります。
https://www.youtube.com/watch?v=3Tlugx3a-Us


web拍手 by FC2

日本シリーズ第2戦 ヤクルト対オリックス 延長12回 引き分け
2022年10月24日 0時51分

プロ野球の日本シリーズの第2戦が23日夜、神宮球場で行われ、オリックスが先制し優位に試合を進めましたが、9回にヤクルトが同点に追いつき延長12回、規定により3対3で引き分けました。

オリックスは3回、1アウト三塁として打撃に定評がある9番のピッチャーの山崎福也投手がタイムリーヒットを打って先制し、この回さらに1点を加えました。
以下略


web拍手 by FC2

 一粒の砂に世界を見、一輪の野の花に天を見る。
ウィリアム・ブレイク
 イギリスのロマンティシズムを代表する詩人といえば、ウィリアム・ブレイク。有名な詩『無垢の予兆』の冒頭がこれだ。画家でもあった彼の挿絵つきの詩は、よりいっそうブレイクの世界観を表す。その世界観は禅的であり、禅の大家、鈴木大拙も著書『禅』の中で引用している。



 ブレイクは、小さなものの中に広がる大きな世界を謳った。



 一粒の砂に世界を見、

 一輪の野の花に天を見る。

 汝の掌に無限を捉え、

 一時の中に永遠を見よ。

博士の愛した数式より抜粋



web拍手 by FC2
訪問者リストに載っていた人は
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム-
          痛いニュース(ノ∀`)
 

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

QR